「2005年に史上2頭目となる無敗の三冠馬となるなどGⅠを7勝し、また、種牡馬としても2012年から昨年まで7年連続してリーディングサイヤーに輝くなど数多くの記録を打ち立てたディープインパクト号(牡・17歳)は、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションに繋養されておりましたが、本日(7月30日(火曜))の早朝に死亡したとの連絡がありましたので、お知らせします。」

―― JRAニュースより ――

 

ディープインパクト、死んじゃったんですね…………

競馬のことなんかちっともわからないけれど、このお馬さんの名前はしっかり覚えています。

 

ウィキに生年月日が出ていたので、算命学で星を出してみました。

 

日干支は壬辰。冷静で、頭の回転が速い…と言うのが特徴です。

以前、東大合格率が一番高い、と聞いたことのある干支です。やっぱり、頭も良かったんですね~~

 

陽占人体図の横線に車騎星と牽牛星…つまり、攻撃本能の陰陽が揃って出ていたんです。

走るの、好きだったのね・・・って、なんだかウル…ってきちゃいました。

 

これも以前、知り合いの馬主さんから伺ったのですが、血統の良い馬の中にも、走るのが嫌いなお馬さんもいるのだそうです。

そういうときは、ちょっと算命学で星を調べてみたらいいのに・・・って、ディープインパクトの星を見て改めて思いました。

 

だって、そんな安い買い物ではないですものね。

 

ディープインパクトの星に戻りますが、あんなに活躍したお馬さんなのに融合条件なんて一つもないのです。

常に慎重に、緊張感を持って全力で走ったのでしょう。

 

一つ、言えることは「何かの犠牲」で運を上げたということ。

やっと、自由になれたのかもしれません。

 

お疲れさまでした。そして素晴らしい走りをありがとう。

 

合掌