「黄金世代の渋野日向子(20)が、大激戦を制し、日本勢では男女を通じ42年ぶりのメジャー優勝の快挙を達成した。日本勢では男女を通じ、77年全米女子プロを制した樋口久子(現LPGA顧問)以来2人目のメジャー優勝。2度目の挑戦で昨夏のプロテストに合格してから、ちょうど1年。「笑顔のシンデレラ」が、ついに、世界の頂点に立った。」

―― 日刊スポーツより ――

 

いや~~~、びっくりですね~~(^○^)❤

今朝のこのニュースで、飛び起きちゃいました!

まだ、プロ2年目のお嬢さんですよ。算命学をライフワークとしている園田としては、どうしても星を出さずにいられません。

で、すぐに拝見したのですが、もちろん、五行の偏りが大きな宿命で、昨年から今年にかけては天中殺の2年となります。元々、宿命にも中殺をお持ちの方なので、生涯天中殺…とも言えるのですが…

更に、今年は宿命が干合によってどんどん姿を変えて、色々な『上格』を成立させています。

それでこんな事になっちゃったの??って算命学的には思うのですが、そこは『枠なし』で、母方の祖父母とか曾祖父母とか、父方の祖父母とか曾祖父母とか出ていらして、み~~んなが応援に回ってくださっていたということも言えるのです。

それはともかく……園田としてはもうひとりのキーパーソン、コーチの青木翔さんのこともどうしても調べてみたくなるわけです。それで、算命学で星を出してみました。

まあ~~、近頃よくお見かけする『完全格』、それもたしかつい最近、そうそう、佐々木朗希投手がいらした大船渡高校の国保陽平監督と同じ『木性一気格』でいらっしゃいました。

渋野日向子選手が強くなるわけです! 長くなっちゃうので説明は省きますが、そういう相性なのです。そうでなくても、一気格は最たる強運の持ち主です。

これで、全て納得がいきます。だって、青木コーチの「完全格』、後天運でしっかり成立してますもの~~

また、素敵な方を発見しました。算命学に感謝です。(*^^)v