たくさんの素敵なご縁を頂いた九州の旅から帰り、昨日は、松本まで「SEUJI OZAWA MATSUMOTO FESTIVAL」に行って参りました。

サイトウ・キネン・オーケストラの演奏を一度、生で聴いてみたいと思っていたところに、とてもありがたいお誘いでした。

演奏会の前日、福岡からの飛行機の中でクラシックを聴いていましたら、なんと、サイトウ・キネンの演奏曲が流れていて、それはそれは澄んだ美しい音での演奏でしたので、益々楽しみにしながら松本に向かいました。

全く、期待は裏切られませんでしたよ~~(^o^)❤

世界随一…と聞いていた弦楽器セクションの繊細で正確な演奏はもちろんのこと、澄んだホルンの音に感動し、やっぱり金管のダイナミックさと透き通った音に感動し……‥‥何とも良い時間でした~~~!

休憩時間、すぐそばで小澤幹雄さん(小澤征爾さんの弟さん)をお見かけしました。ニコニコしながらお話されていて、とても品の良い方でした。

どんな方なのかしらと気になって、算命学で星を拝見させていただきました。

実は、小澤征爾さんは、宿命内に一番欲しい「守護神」がなく、それを追い求め続けた人生なのですが、その征爾さんとは対象的に、とてもとてもきれいで整った宿命をされていらっしゃいます。

なるほど、品の良さが感じられたのは、あの方の宿命のバランスの良さゆえだったのだと、改めて思いました。

「行動領域」も征爾さんはとても狭く、幹雄さんの領域は征爾さんのそれを包み込むように重なりながら広がっています。

ご兄弟でずっと征爾さんを応援していらしたというのが納得できる宿命でした。

きっと、ご苦労の時期もおありだったと思いますが、家系の恩徳に守られて今のお姿があるのでしょう。

やっぱり、クラシックは良いです!

そして、生演奏は、パワーを頂けます。

たくさんの方が作り上げた美しいものには、それだけのエネルギーが込められていて、それを分けていただいたと心から思える有意義な時間でした。

感謝です。