第4次安倍再改造内閣が発足致しました。

例によって、園田は算命学でまず現在天中殺中の、つまり戌亥天中殺の方がどれほどいらっしゃるのか、各大臣の宿命を出してみました。

まず、麻生さんは、何度も「戌亥天中殺で‥‥‥」ということで園田のブログにも取り上げさせていただいていましたので、この方は確定です。

あとお二人いらっしゃいました。

それは、官房長官の菅義偉氏と科学技術相に任命された竹本直一氏。

天中殺で入閣された方は、何かと問題を起こしやすいので一応、注目していたいと思います。

今回の再改造内閣の特徴は、20名中、7名が寅卯天中殺であることです。

こんなに寅卯天中殺が多いのは珍しいと思います。

言い換えれば、守りに強い、保守的な方が多いと言えるでしょう。

そして、明るい未来を向いている「子丑天中殺」は、今回話題となっている初入閣を遂げた小泉進次郎氏のみ。早速明日、福島に向かうと仰っていましたが、これからも常に話題の存在となるに違いありません。

目上の意向に沿いやすい「午未天中殺」の方は5名いらっしゃいました。

この方々は、安倍さんからご覧になって「意向を汲んで貰いやすい」といったところでしょうか‥‥‥

そして辰巳天中殺の方が3名、申酉天中殺は安倍首相のみでした。

最も行動的な「申酉天中殺」が安倍さんのみ‥‥‥というのも特徴かもしれません。

又、なにか起こったときにそれぞれの方を算命学から見ていきたいと思います。

まずは天中殺のご報告まで。