まあ、算命学的に題名をつけるとすれば、そんなところでしょうか‥‥‥

どちらかといえば現実に強い宿命で、才能は「司禄星」。大きな存在感を発揮するわけではありませんが、中心人物となるための努力は長きに渡って続けてきたのでしょう。

現在54歳ですが、51歳からは運勢を安定させてくれる守護神回りの大運中。

ところが、今年だけはその守護神がありがたくないものに変化してしまっています。

さらに言えば、社会での前進力の場が「完全破壊」。

自分自身の社会的立場が大きく変化する大運中で、用心しなければならない一年でした。

この方にとって、妻も子供も守護神的存在なので、とても大事にされてきたのでしょうね。

常に納得のいかない上司と縁がある‥‥‥それが大きなマイナスとなってしまいました。

あの方は、天中殺でのご就任なのですよ。