60年に渡り、「女優」というお仕事を続けていらした吉永小百合さん。

この番組を見ながら、どういう宿命でいらっしゃるのかと興味がわき、算命学で星を出してみました。

幼少期に、お父様が事業に失敗して借金取りが家に来ていた……‥‥というフレーズを思い出しました。

この方は、生まれた年がご自分の天中殺‥‥‥つまり、生年天中殺をお持ちです。そこに現れているのが「父」の星。ということは、お父様の運が衰退するということを宿命は語り、現実もそのとおりだった、ということです。

「宿命通り」であれば、この方の運勢は大変強く、父の運の衰退を取り返すように、運勢は上がっていきました。

お仕事には大変慎重に向かう方。そして、「天剋地冲」を宿命に所有しているため、大変なエネルギーを使いながら全力で立ち向かっていきます。

「道遥か‥‥‥」と仰っていました。

どこまで言っても、どれだけなさっても到達しません。それでも全力を尽くす。

そんなところがこの方の魅力になっているのだと思います。

内も外も、とっても素敵な方でした。拝見できてよかったです。(*^^*)❤