熊澤英昭氏の長男である英一郎氏の生年月日がわかりましたので、算命学で宿命を出してみました。

そしたら…………彼の生年、生月は父である英昭氏の天中殺でした。
そしてその天中殺に現れていたのは英昭氏にとっての『仕事の星』『名誉の星』そして『財の星』でありました。

長男は、その父と『張り合う』関係にあります。

父の仕事運、名誉運、財運が上がれば上がった分、運勢上は英一郎氏が苦しい状態に置かれることになります。

これを…………なんとかしなければいけませんでした。